お知らせ 2018.02.09

業界初!介護 IT 基礎講座開講のお知らせ

学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校(本部=東京都新宿区、理事長=小林光俊)と、株式会社ビーブリッド(本社=東京都台東区、代表取締役=竹下康平)は、2018(平成30)年4月より、「介護IT基礎講座」を開講することになりました。

昨今、介護業界における IT 活用の必要性が叫ばれておりますが、ITの基礎教育やIT化対象業務の分析などが十分ではなく、機器・設備の導入だけが先走り、介護事業者にとって負担にしかならない可能性がぬぐえません。
一方、介護福祉士や社会福祉士を目指す学生たちは卒業後、就職して介護現場に出る前に、介護業務に必要な記録ソフト等に接する機会がありません。そこで在学中に少しでもITに触れ知見の幅が広がれば、就職後その知識を活かし、真の意味での介護IT活用が進むと考え、この度、介護福祉士や社会福祉士を目指す学生を対象に「介護IT基礎講座」を実施し、介護人材のITに対するリテラシーの底上げを図る事と致しました。

本講座は、日本福祉教育専門学校の在学生向けに、座学による介護 IT の基礎の他、ゲスト企業による実機・ソフトウェアのタッチアンドトライ(体験)・ディスカッション、そして課外活動として外部学生とのディスカッション、施設見学など、実践的な授業を計画しております。

授業の内容

介護現場の業務の負担軽減と効率化を行うためには、IT化を進めることが重要になることを体感しながら、介護現場に活かせるITの基礎を学ぶ。実機やソフトウェアを直接見聞きし、体験することで実践的な知見を習得できる。就職後に、この講座で得た知見を活かした視点で現場を見ることができ、最新のテクノロジーと前向きに向き合える人材となるための土台を築く。

授業計画(講義の流れ)

授業時間数(予定) 90分×15コマ 合計22.5時間

  • 座学(介護 IT の基礎)
  • ゲスト企業による実機・ソフトウェアのタッチアンドトライ(体験)
  • ディスカッション
  • 課外活動(外部学生とのディスカッション/施設見学/外部イベント参加)

協力法人一覧(順不同)

株式会社クラーチ(介護事業者)、千葉工業大学、株式会社 aba(排泄検知センサーAI)、株式会社ACCESS(介護記録補助ソフト)、株式会社エス・エム・エス(介護ソフト)、ND ソフトウェア株式会社(介護ソフト)、株式会社グッドツリー(介護ソフト)、ケアコラボ株式会社(介護ソフト)、三昌商事株式会社(IoT)、株式会社 Z-Works(IoT)、株式会社ロジック(介護ソフト)、株式会社日本医療企画(出版・教育)